本当に正しい水の飲み方

水を飲んで副作用!?「水中毒」の恐ろしさとは…

私たちの体は60%ほどが水分です。適切な水分を体内で保持することで、「体温が保たれる」「栄養を運搬する」と体にとって必要な健康機能を維持しています。ただ、体の水分は、汗や尿、便などで毎日2.5リットルも失われます。そこで、毎日水を補ってあげることが大切なのです。

一見、無害に思える水ですが飲み過ぎで「水中毒」という副作用を引き起こすこともあり、注意が必要です。人間が一日に摂取する水の量と排出していく量の差が大きすぎることが原因で起こるのが水中毒です。

人間の体は1日に2.5リットルほどの水分摂取が必要。このうち、食べ物から摂取する水分量を差し引いた分を「水」を飲んで補うといいでしょう。ただ、食事内容や年齢、生活スタイルによって異なるので、一般的には1.2~1.5リットルほどの水を飲むべきと考えられています。

しかし、この適正量をはるかに超えるほどの水を飲むと、腎臓で尿として排出するスピードについていけなくなります。そして、体内で水分量が増え血液中のナトリウム濃度が低下します。低下の度合いによって異なりますが、若干の疲労感にはじまり、頭痛や吐き気などの症状が見られるでしょう。ひどければ、けいれんや呼吸困難を引き起こし重症化。水中毒は、命の危険にも関わる恐ろしい症状です。

正しい水の飲み方と注意ポイント

水は多量に飲み過ぎると、本来の健康効果が期待できないばかりか、水中毒で危険な状態となり逆効果です。正しい飲み方の知識を身につけ、健康を心がけましょう。

一回に飲む量を適切にする
一般的には、一回にコップ1~2杯程度が適量と言われています。大量の水を一回で飲んでも、体内にすべてを吸収することはできません。吸収されない水分を尿として排出しようと、腎臓への負担が大きくなります。尿として排出されなければ、体液が薄まり水中毒の症状が見られるので注意しましょう。

回数をこまめに分ける
一回に飲む量をコップ1杯程度にとどめ、こまかく分けて飲むようにしましょう。

飲むタイミングを考える
「喉が渇いた」と思ったときに飲むのも大事ですが、それ以外で飲んだ方がよいタイミングがあります。

スポーツをしているときや終わったあとは、汗をかいて喉が渇くので積極的に水分補給をする人が多いですよね。運動中や運動後だけでなく、運動前に飲むことも大事です。お風呂も発汗作用があるので、入浴の前後で飲むといいでしょう。

また、スポーツしたときほどではありませんが、人間は就寝中にも汗をかき、水分がなくなります。寝る前、そして起きた直後にコップ1杯の水を飲む習慣づけましょう。

「水分がなくなりそう」と予測したタイミングで、水分を補給しておくのも大切なことです。

常温の水を飲もう
暑い夏や汗を多量にかいた後は、体温が急上昇しています。「暑い」という気持ちから、冷たい水を飲みたくなるかもしれません。しかし、冷え過ぎた水を急激に体内にいれると胃腸への刺激が強いもの。お腹をこわす原因となるので注意すべきです。

常温の水は、体内への吸収スピードもゆるやかで、胃腸に負担になることがありません。

どんな水を飲むかにこだわる
「水道水」が最も身近で手軽に飲める水です。ただ、水道水に含まれている塩素が気になり、日常的には飲みたくないと考える人も多いでしょう。また、ミネラルウォーターをボトルで購入するのも、毎日のことと考えると費用的にも厳しいかもしれません。

浄水器を利用して飲めば、気になる塩素も取り除いてくれるので安心です。

ゆっくり飲む
喉が渇くと、つい「ゴクゴク」と猛スピードで水を飲んでしまうものですよね。体内にゆるやかに吸収させることが大事なので、味わうようにゆっくり飲むようにしましょう。

水はその都度新鮮なものを飲もう
外出先でも飲めるように、ペットボトルや水筒に移し替えた水を飲む人も多いですよね。そのときに注意したいのが、ボトルに直接口をつけて飲まないことです。直接飲むと、時間の経過とともに細菌が繁殖した不衛生な水に変化します。コップに入れて飲むなど、ペットボトルや水筒内に菌が繁殖しない工夫をしておくといいでしょう。

当サイト紹介浄水器一覧