水の味について

水の味は「硬度」によって変わる

食べ物には味があるので、「美味しい」や「まずい」を判断することは難しくありません。しかし、水は基本的に無味無臭と言われ、味を聞かれると大きな違いがないように思えるのではないでしょうか。しかし、飲んだときに「美味しい」「まろやか」「重々しい」「にがい」などの感想を持つことがあるのではないでしょうか。

「無味」と言われている水ですが、実は含まれているミネラル分の量によって風味が異なります。水のなかにはカルシウムやマグネシウムといったミネラルが含まれており、採取する場所によってそれぞれ含有量が変わります。その基準を表わすのが「硬度」です。

カルシウムやマグネシウムがたくさん含まれている水は硬度が高く「硬水」、逆に含有量が少なければ硬度が低く「軟水」と区別されます。

そもそも、カルシウムやマグネシウムは苦味があります。そのため、含有量が多い硬水の方が、飲んだ時に「苦い」「美味しくない」と感じやすいでしょう。

日本の水は、ほぼ軟水に分類されているものばかりですが、海外では硬度の高めで「硬水」が多いです。私たち日本人はふだんから軟水を飲み慣れているため、海外の水を飲むと「苦味が強い」と感想を持ちやすいのでしょう。

また、同じ日本でも地域によってミネラル成分の含有量が違います。そのため、軟水のなかでも「ミネラル成分の含有量がかなり少ない」という地域に住んでいる人は、引っ越しなどで住む地域が変わり、少しでも硬度があがると「味が違う」と思うかもしれません。

消毒のための「塩素」が水の味を左右する

家庭の蛇口をひねったときに出る水は、浄水場でさまざまな過程を経て「利用できる水」になって運ばれてきます。その水には、殺菌および消毒のため塩素が入っています。塩素が私たちの嗅覚を刺激し、水の味を左右していると言ってもいいでしょう。

塩素は汚れた水を水道水にするためには欠かせないものですが、その臭いの表れ方はさまざま。「無臭のもの」と思い込んでいる水から、消毒薬である塩素の臭いがするとどうしても気になってしまいますよね。

基本的に塩素の投入は「健康上問題ない程度」としっかりした基準が設けられているので、飲用には差支えないです。ただ、浄水場で消毒しても家庭まで運ばれる段階で菌がつく可能性があります。そのため、塩素が残るように家庭に届けられることになってしまうのです。これを残留塩素と言います。残留塩素の量が多く、「臭いが気になる」ということも少なくありません。

また、「消毒するまえの原水の汚れがひどい」「気温が高いため質が低下しないように」などの理由で、いつも以上に塩素を増やすこともあります。こうした水は、特に塩素の臭いが気になるので、味もまずく感じることが多いでしょう。

塩素だけが臭いの原因じゃないこともある

水道水を飲む以上、殺菌力のある塩素が入っているのは仕方のないことです。ただ、それ以外のことが原因で臭いが発生していることも少なくありません。

まず、水道管の劣化による臭い。長く使っている水道管には、錆びが発生しやすくなります。本来「無色」であるはずの水が、錆びている水道管を通過したことで赤く濁って臭いを発しているケースもあります。

また、マンションやビルの貯水槽汚れがひどく、臭いのもとになっている可能性もあるでしょう。汚れた貯水槽のなかの水は菌が繁殖するだけでなく、カビが出ることも…。特に、気温が高い夏季には、汚れにより臭いが発生した水が出ることも考えられます。

このように、水道管や貯水槽の問題で臭いが強くなると水の味も影響し、飲んだときに「美味しくない」となってしまうこともあるのです。

当サイト紹介浄水器一覧