水道水を沸騰させるのは危険?

水道水を沸騰させるのはなぜ?

「日本の水道水は安全」と言われますが、蛇口から出た水をそのまま飲むことに対して抵抗意識を持つ人も多いです。その理由として、多くの人は「塩素」を挙げるのではないでしょうか。

そもそも汚れた原水はそのまま飲めず、人間の体に入ってもいいように浄水場でいろいろな工程を繰り返します。塩素を使うのは「汚れの除去や殺菌のため」というのは、多くの人が知っていますよね。

学校のプールのイメージが強い「塩素」は、薬品臭がかなり強いです。水道水の塩素は、飲んでも安全なくらいまで量は抑えられていますが、たとえ少しでも体内に入るかと思うと気になるかもしれません。そこで、世間の水道水に関する知識として定番になっているのが、「沸騰させて塩素を取り除こう」というものでしょう。

しかし、実際には逆に危険となっているかもしれないのです。

水道水に含まれる怖いものとは?

水道水には、塩素以外にもさまざまな成分が含まれています。飲んでも大丈夫なくらいまで含有量は少ないですが、まったく無害とも言い切れません。

塩素
浄水場で病原菌を殺すために用います。ただ、配管を通るときに菌が増えてしまっては意味がなくなりますよね。そこで、配管通過中にも菌を殺すことができるように、塩素がある状態で水道の蛇口にまで運ばれてきます。

アルミニウム
浄水場で水中のゴミを除去するときに使われる薬にアルミニウムが含有されています。健康体の人なら、飲んだあとには体外に出ていくもので特に問題はありません。ただ、成分自体はアルツハイマーの原因にとも言われているため、不安要素として考えてしまいそうです。

トリハロメタン
水に塩素を入れたときに発生する有害物質が「トリハロメタン」です。実は、発がん性を持っている怖いもの。摂取量が多いと肝臓や腎臓にも悪影響となる可能性があるので、軽視できない物質と言えるでしょう。

トリハロメタンは沸騰すると量が増える

水道水の気になるニオイのもと「塩素」は、沸騰させることでやわらぎます。「カルキ臭は沸騰させればOK」と耳にすることが多いので、実践している人も多いものですよね。ただ、上記にあげた水道水に含まれた成分のうち、沸騰することで逆に増えてしまうものがひとつあります。

それが「トリハロメタン」です。

トリハロメタンという物質の特徴は、温められることで量が増えること。沸騰直後にはなんと3倍まで増加するのだとか!通常よりも3倍以上にも増えるなんて、飲むのをためらってしまいますよね。

沸騰させて飲むときの注意ポイント

塩素のために水道水の沸騰はしたいところですが、トリハロメタン対策はどうすればいいのでしょうか。

10~15分沸騰させておく
水道水を沸騰させた直後に約3倍になるトリハロメタンは、煮沸を続けていくと減少していきます。ある実験によると、沸騰直後から5分程度まではトリハロメタンの量は上昇し続け、10分以上経過すると減っていくことが判明しています。沸騰によって一時的に増加したトリハロメタンを再び減少させるには、「沸騰させたまま10~15分経過させる」と安心です。

やかんで沸騰させるのが効果的
10分以上沸騰させ続けることが大事なトリハロメタンですが、電気ポットでは沸騰状態を継続させることができません。やかんを使用することをおススメします。

また、沸騰によって水蒸気となったトリハロメタンを空気中に逃がすためには、やかんのフタは開けておきましょう。

安心感をより高めるなら浄水器も検討
「塩素」と「トリハロメタン」をダブルでなくすには、沸騰し続けることが大事と分かりました。しかし、現実的には沸騰10分以上を毎日続けるのは面倒と感じるものですよね。そして、やかんのフタを開けたままで…という注意点を忘れてしまうとトリハロメタンが蒸発せず、不安が残ることも。「子供には少しでもリスクのある水を飲ませたくない」と考えるかもしれません。

浄水器なら、機器が不純物をろ過してくれるので、沸騰させる手間もいらず安心です。

当サイト紹介浄水器一覧