浄水器と整水器の違いって?

安全な水道水をさらに美味しくするためには?

世界的に見ても「日本の水は安全」と言われています。その理由は、国が定める厳しい基準をクリアしているから。蛇口をひねって出てくる水をそのまま飲んでも健康を害することのない安全な水です。

ただ、水道水のもとになる原水の汚れ、雑菌を殺して消毒するための塩素などが原因で「美味しくない」と感じる人が多いのも事実です。

そこで、近年では美味しさを追求するため、多くの人が浄水器や整水器を導入しています。

浄水器とは?

浄水器は、水道水のなかに含有されている塩素や有害物質を取り除くための機器です。

さまざまなタイプがある浄水器
浄水器には、キッチンに置く「据え置き型」、シンクの下スペースを利用する「ビルトイン型」、蛇口に直接取り付ける「蛇口直結型」、蛇口の水を入れて浄水する「ポット型」などがあります。

フィルターが有害物質をシャットアウトする
浄水器には、水道水をろ過するため、フィルターが内蔵されています。フィルターを通過するときに、残留塩素や雑菌、鉛、トリハロメタンなどの有害物質が取り除かれて、浄化された水が出てきます。

ただ、浄水器の大きさによってカートリッジフィルターの容量も違います。浄水器のタイプや価格によって、その除去率の優劣が若干異なるので注意しましょう。

一般的な家庭用の浄水器には、「不織布」「活性炭」「中空糸膜」といったフィルターが使われ、それぞれの役割で水を浄水します。

鉛やゴミ、錆びなどの異物は不織布で取り除くことができるでしょう。水道水で気になりがちな残留塩素やカルキ臭などに効くのは、活性炭です。さらに活性炭でも除去できない細かな細菌をカバーするのが中空糸膜。これらのフィルターは、製品ごとに性能や除去物質が異なるので、選ぶ際には仕組みを理解しておくといいでしょう。

「きれいな水」ができる浄水器
浄水器には、さまざまなタイプがあり、製品のバリエーションも多いです。設置場所や予算に合ったものから選ぶことができる魅力があります。

また、浄水時には「不安な物質」だけの除去あるいは減少させることができ、ミネラルはそのまま、安全性を高めた「きれいな水」を飲むことができます。

整水器とは?

浄水器は知名度があるので、私たちの生活に馴染み深いかもしれませんね。一方、「整水器」と耳にしたときには、ピンとこない人も多いのではないでしょうか。

整水器は、水道水の有害な物質を取り除いたうえで、「さらに美味しいものにする」というイメージ。プラスα機能も加えられた整水器は、最近注目されつつあります。

浄水器へ付加価値をつけたものが整水器
整水器も、浄水器と同じように「浄水機能」を持っています。有害物質や雑菌を取り除くまでの機能は、どちらも共通しています。整水器は、浄水器をランクアップしたものと考えると分かりやすいかと思います。

特徴の違う水を生成する整水器
整水器では、浄水カートリッジでまずは水をきれいにします。さらにその水は、電階層で電気分解。マイナス電極側では水素を発生させ「アルカリイオン水」、プラス電極側では酸素を発生させ「酸性水」…とそれぞれ生成されます。アルカリ性のアルカリイオン水は、飲用や料理というように「人間の口に入る水」として適しているでしょう。

一方、酸性水は飲料には適していませんが、食器洗いをはじめ、弱酸性の水として洗顔や入浴にも使える嬉しい魅力があります。

安全性と美味しさ、健康にも嬉しい整水器
整水器で生成されるアルカリイオン水は、胃の不調をやわらげる効果があります。また、胃腸を活発にしてお通じを改善させたりなどの健康効果も期待できます。

浄水器と整水器…どちらを選べばよい?

浄水器および整水器のどちらも水道水を「きれいな水」にしてくれる嬉しいものです。水道水を安全に飲みたいなら浄水器だけでも効果が期待できます。さらに、健康効果や美容効果もプラスしたい人は、整水器を検討してみてもいいでしょう。

当サイト紹介浄水器一覧