硬水、軟水の違い

硬水と軟水の違いは「硬度」による

「硬い水」「軟らかい水」と考えると、とても分かりにくいものですよね。硬水と軟水は、1リットルの水に含まれているカルシウムイオン・マグネシウムイオンの量で区別していきます。

この含有量のことを「硬度」と言います。

硬水や軟水の区別は、日本だけで行われているわけではありません。

WHO(世界保健機関)では、
・軟水 60mg/L 未満
・中程度の硬水 60~120mg/L
・硬水 120~180mg/L
・非常な硬水 180mg/L 以上
と定義しています。

これに対し、日本の水は分類方法が大きくなり、
・軟水 100mg/L 未満
・硬水 100mg/L 以上
と分類されています。

海外と日本を比べると、日本の水は軟水が多いと言われています。

この違いは、雨から地層に入り込んで滞留する期間が関係しています。北米やヨーロッパなどの海外では、カルシウムやマグネシウムをたくさん含む石灰岩などの多い地層がよく見られます。雨水が地層に浸透することで岩が持つミネラル成分を水中に含み、逆に汚れは地層そのものがフィルターとなってろ過の役割をこなしてくれます。

ミネラルを含んだ地層から湧き出した天然水が「硬水」となっているのです。

しかし、日本には石灰岩のようなミネラルを含んだ地層があまりないこと、そして狭い国の面積と比例し地層に長くとどまっている時間が短いことが理由となり、硬度の低い軟水が多くなっていると言えるでしょう。

ただ、日本でも硬度の高い水は存在し、沖縄をはじめ、関東の一部地域では硬水です。

このため、日本人の多くは「軟水」を飲み慣れています。海外の硬水と飲み比べたときに、はっきり違いが分かるのかもしれません。

硬水の特徴

硬水は飲んだ時に、少しクセのある苦味を感じる人が多いようです。

喉に残るような苦味
日本人は軟水を飲み慣れているため、「重い口当たり」という感想を抱くでしょう。「硬水」という文字通り、喉のあたりで留まるように、スムーズに飲めないイメージに近いかもしれませんね。

基本的に、マグネシウムは苦味があるもの、カルシウムは苦味だけでなく塩分も感じられるような不思議な味わいがするものです。そのため、硬度の高い硬水を飲めば、苦い味と感じるのかもしれません。

アクを出してくれる水
硬水は肉の煮込み料理にプラスの効果があります。煮込むほどアクを出してくれるので、肉の生臭いところを消したい欧米の料理にはぴったりです。ただ、硬水はアクとともにたんぱく質やアミノ酸などの旨みまで素材から出しきってしまう欠点があります。

便秘を解消する効果がある
硬水には、マグネシウムが多く含まれていることもあり、便秘解消にも効果があると言われています。便秘を改善したくて海外の硬度の強い天然水を飲む人もいるようです。便秘が原因で痩せにくい人も多いため、「硬水で便秘解消=ダイエット」と女性には好評です。
ただ、飲み慣れていない人が多量に飲むとお腹がゆるくなるリスクもあります。

料理や飲み物の風味が分かりづらくなる
独特の苦い風味の硬水は、料理や飲み物に使うと味が変わることも…。コーヒー、紅茶など、香りの良さが分かりづらくなるでしょう。

軟水の特徴

軟水を飲んだときの口当たりは、「さっぱり」「まろかや」「やわらかい」のが特徴です。

料理の風味をじゃましない水
苦味もないので、優しい味付けの料理によくマッチします。味付けもしやすいので和食にぴったりです。

子どもやペットにも優しい水
胃腸に影響が出やすい硬水は、子どもの飲用は心配ですよね。軟水は、マグネシウムも少ないため、飲んだからとお腹の調子が悪くなることもないでしょう。体への負担がない軟水は、年代問わず安心して飲める水です。ペットに飲ませるのも、ミネラルが少ない軟水が適しています。

石けんが泡立ち、肌や髪に合う
石けんの泡立ちが悪い硬水と比較すると、軟水はよく泡立つ特徴があります。また、硬度が低くなると肌へ浸透しやすく、洗いあがりもツッパリ感がありません。美肌のために利用する人もいるほどです。

当サイト紹介浄水器一覧